小林香織

Kaori Kobayashi 小林香織

サックス&フルート奏者、作曲、編曲/プロデュース
1981年10月20日神奈川県生まれ、東京育ち。
ピアノ教師である母親と写真家の父親の間に生まれ、中学1 年から吹奏楽部でフルートを始める。

高校2年の時、アルト・サックスを始める。
2000年に洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、ボブ・ザング氏に師事する。
在学中より都内のライブハウス等で定期的に演奏すようになり、同大学卒業の翌年2005年2月、ビクターエンタテインメントより「Solar」でメジャーデビュー。現在までにベストアルバムを含む12枚のアルバム、ライブDVD、本人の演奏が採譜された譜面を含む書籍2冊を発表。国内外を問わず、ライブハウスやジャズフェスティバルに出演する他、テレビやラジオにも多数出演し、ジャズフェスティバルの総合司会も務めた。

台湾、韓国、中国、タイでもアルバムが発売され、公演を行う。2010年YOU TUBE にアップされた動画「Nothing’s Gonna Change My Love For You」が世界中で多大なアクセス数を記録し、2016年には800万回を突破。新聞テレビに取り上げられる。
2012年1月タイで"The Most Beautiful Saxophonist in Asia"を受賞。2012年2月、作編曲を含む初のセルフプロデュースアルバム「SEVENth」を、日本・台湾・韓国・シンガポール・香港で発表。 台湾では3作連続ジャズチャートの1位を獲得。 インドネシアのジャカルタで開催されたアジア最大級のジャズフェスティバル、JAVA JAZZFESTIVAL では、地元新聞の一面をバーシアらとともに飾る。
また、2013年には台湾のサックスメーカーT.K.Melody との共同開発による小林香織モデルのサックスが発売された。これまでに鈴木茂、村上ポンタ秀一、尾崎亜美、Char、野村義男、押尾コータローなど、様々なアーティストと共演。2016年8月に発表した洋楽カヴァーアルバム「MELODY」では、魚類学者でタレントのさかなクンが参加したことで話題となる。

現在、泉谷しげる、小坂忠、タケカワユキヒデのライブサポートに加え、演歌まで、ジャンルを問わず様々なレコーディングにも参加する他、 母校である洗足学園音楽大学ジャズコースの講師を勤め、後進の育成にも力を入れている。